2010年05月31日

評価

たまには真面目な記事も書くよ!

基本的に、自分の書いたものが話題にされるのは嬉しいです。それがいい評価か、良くない評価はともかく。
もちろん良くない評価を頂いた時はヘコんだり反省しきりな訳ですが、やっぱり見て貰わないと良い物も書けないし、と思っていますので。
リプレイに拍手機能が付いて、一種の指標になっているので、参考にさせてもらったりしています。勿論、そればっか見ている訳じゃないですが。

ところが拍手、割と自己評価と違うなぁ、と思ったりする事があります。
今回はいけた! と自分で合格点付けたのが少なかったり、苦労してようやく……な感じで書いたのがたくさんの拍手を貰っていたり。
例えば、「ドカァァァァァン!」とか「ガシャァァァアアアアン!」みたいな、或いは(笑)とか(汗)なんかも、自分が読んでて出てきたらちょっと……と思うので使わないんですが、リプレイ読んでる側からすれば、むしろ直感的で判り易かったりするのかな、と思ったりもする訳です。小説じゃなくてゲーム、なので。
どんな表現がいいのかなぁ、とは常に考えているんですが、難しいですね。

後は題材、というかネタ。
相談卓をよく覗くのです。相談内容がどうこうじゃなく、相談が盛り上がってるか気になります。相談もTRPGの楽しい部分だと思うので。
なので、盛り上がっていると「してやった!」とか嬉しくなるのです。
何だかネタの選び方に好き嫌いある……と云うかクセあるんだろうなぁ、とは薄々感づいていたりするので、誰にでも楽しんで貰えるシナリオを作る能力は尊敬します。某GSDとかね。ちょっとでいいから分けて欲しいとか。

何か取り留めなく書いたけど、取り敢えずロスプラ2やるか。
posted by a1zawa at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | CTS:雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

ネタ

http://blog.livedoor.jp/neomani/archives/51355303.html
高いよね。
一緒に買ったペットボトルのおまけに付いてたら使う気になるレベル。


だいぶ遅くなってしまいましたが、ようやくリプレイ公開。
申し訳ないです。

久々に「時間を作るのが大変な平日」を過ごした予感。
纏まった時間がね。
でもタクシーで三時に帰って九時には会社に居た二年前に比べればマシか。


ネタが思いついた時は取り合えずメモ帳を開いて書き留めているのですが、だいたい書く事は「思いついた単語」とか「浮かんだ場面」とかなのです。
で、日の目を見ずに埋もれるネタも沢山ある訳ですが、HDDを整理していると、そんなメモを書き留めたテキストファイルが出てきたりします。
それもすごい昔の。
一応中を確認しようとして、開いてみるのですが、書いてある事は「脈絡の無い思いついた単語」とか「ブツ切りの浮かんだ場面」なのです。

時間を置いてから見ても、もういろいろ忘れているので意味が分からないんです。

なので、ファイルはまた閉じられて、さりとて消すにも消せず、人知れずHDDの奥に眠ります。
posted by a1zawa at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | CTS:雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

湯けむり殺人事件

名探偵コ○ンごっこみたいなやつをしてみたい!
とか思ったけどそれって別にCTSじゃなくてもよくね? とも思った。
posted by a1zawa at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | CTS:雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

ショック

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1386856.html
まじで?(;ω;)

劇場版パトレイバーを見て打ちひしがれてきます……。

ところでCTSはOPを出させてもらっています。
現時点ではまだ出発前なので内容についてどうこう、じゃないのですが、
予約してくださる方を見るといつも申し訳なく思うのです。
なんかもう、人数枠とか変えられるものなら変えて、予約してくれたみんなで書くよ! みたいな。
定員の半分が予約枠なので、例えば六人シナリオだとたった三人が予約通って、他の人には抽選落ちという結果が待っているのですよ。
自分ならどういう基準でシナリオ選ぶか、と考えた時、やはり担当MSというのは大きい要素だと思うんです。
自分の作ったキャラに物語を体験させて、それを眺めてニヤニヤするという、こういうゲームはぶっちゃけキャラゲーの要素が強いんじゃないかと思っているので、そんな最萌キャラの活躍の場にあいざわのシナリオを選んでもらえるのは、すごく光栄な事だと思うので。
だからね、もういいじゃん! 十人も予約してくれたんなら十人でやろうよ! とか思ってしまう訳です。
思った所で、見ているだけしか出来ない訳ですが。

ところでパトレイバーは大好きな作品なので、ちゃんとDVDも揃えてあったりします。
何がいいって多分妙にリアルな所が惹きつけて止まないんだと思います。現代を舞台にして、その舞台の上にSFロボット物の設定を破綻しないように乗せているのが。
やはりCTSでもあいざわ的作風はこのくらいの妙にリアルな線を狙っていきたい。敵エースとかっこいい一騎打ちとかは俺の頭からは出て来ないからな!
……とか思い直す訳ですが、やっぱ出せる頭にしないとダメだよ! とか言う俺の中の人。むぅ。


EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]

EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD


posted by a1zawa at 23:53| Comment(5) | TrackBack(0) | CTS:雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

顔つき

だいぶ前に「エドワードを顔付きNPCに」とか言ってたのを思い出しました。

別に顔付き登録しなくても、NPCはNPCなので動かせる、というスタンスなので、今まで質疑に使えそうなアニー以外は登録しなかった訳ですが。
よく考えると、というかよく考えるまでもなく、割と動かしにくいポジションに居るキャラだと思えて仕方がないのです。確かにああいうキャラは好みですし動かしてきっと楽しいのでしょうけれども。けれども。
シリーズのナビゲーションはアニーがやってますし、あのおっさんに担当させるべき仕事が……あるか?

という訳で、考え中。
あの嫌味なおっさんにさせる仕事、いい仕事があれば書き残したりしてくれるとあいざわが喜びます。喜ぶだけ、なんだけどね。
posted by a1zawa at 01:13| Comment(2) | TrackBack(0) | CTS:雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

スケジュールとか

サーバが頑張り切れない状況でしたが、復旧しました。
ほぼ24時間……SE時代を思い出して部屋の隅でガタガタ震える所でした。

そんなのとか、どうしても外せない私用が入ったりだとかで、予定が狂っております。申し訳ありません。
リプレイとOP1本、今丁度絶賛執筆中ですので、もう少しだけお待ち頂けると有難いです。
posted by a1zawa at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | CTS:雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

歳と共にアレなあいざわの頭の中の消しゴムっぽい何か

こんな時間に記事を書いています。

もう「LH」がラストホープなのかラインホールドなのか、
或いは「24歳・男・フ」がファイターなのかフェンサーなのか、
はたまた「19歳・女・エ」がエキスパートなのかエクセレンターなのか、
よく判らなくなってきます。
午前3時から4時の間は人間の脳の活動がもっともアレな事になる時間帯、とか聞いたことがあります。
そんな時間に無謀にもコンビニまでドライブとかしますといい感じに気分転換になります。

そんなこんなで時間は取れているのですが、ここで問題発生。
基本的な頭のスペックがどうも‥‥な感じでして、そんなに引き出しが多くはないのです。
なので普段から、ちょいとした切欠を元にいろいろ捻り出してはストックしておいて、そこから広げて依頼にしていたりします。
けれども。
先月は最早それどころではないくらい、雑多なあれやこれやに忙殺されていましたので、そのストックが全然無い!

こんな時はじたばたするしか無いのですが、それにしても。
本部で他のMSさんの面白そうな依頼を見て、悲喜こもごもなのです。
「面白そうだなぁ、すごいなぁ」と関心して、「それに引き換え俺は」とヘコんで、「ちくしょうその手が」とちょっぴり悔しくなり、血の涙を流すのです。

しかし枕を涙で染めているだけでは何も進まないので、もうちょっとじたばたしようかと思っています。
まだ何も捻り出せてないキーワードだけなら幾つかあるのです。
恋愛モノ、とか密閉された空間、とか。
この辺をさし当たって何とかしてやりたかったり。

ところで友人とTRPGのセッションでもしない? という話題が出たのですが。
いつの間にかGMに指名されていました。まだルールもはっきり決まっていないと言うのに。
ああそうか。
そうだな。
プレイヤーやらせてくれよ。
posted by a1zawa at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | CTS:雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

ヘリング

ってニシンだぞ。身欠きとかのアレだぞ。

先週から体調もすっかり回復しました。そしてPCの不調も回復。
何本かシナリオを出させてもらってます。

さてメルフォの返信を

続きを読む
posted by a1zawa at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | CTS:雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

NPCな人々

今登録させてもらってるNPCはアニー・シリングの一人だけ。極一部で静かなブームを巻き起こしているアニーはレース場の人ではありません。
静かなブームってブームでも何でも無いよね、と言ってたのは誰だったでしょうか。全くもってその通りだと思います。

以前、先輩MSであるK氏に、「名前付きNPCを登録しないのはいつ死んでもいいようにする為だ」と指摘された事がありました。
図星です。
あいざわのシナリオで登場した名前付き絵無しNPCは、性格だとか家族構成だとか、設定を付けていたりします。一回こっきりの登場でも。

ちょっと話が飛びます。
レトロフューチャーな世界観で、艦首にドリルが付いていたり、山のようにミサイル背負ったりとかは大好きなのです。
そして同時に、リアルな世界観も大好きだったりするのです。例えば20年近く半分は守ってきたんだからそれなりの戦術が確立している筈だとか、KVの運用方法ももう1年経って固まってきている筈、とか。
その辺は言い出すとキリが無いんですが、両方の匂いを残したあたりを狙いたいのです。勿論、CtSの世界を踏まえた上で。

話を戻します。
NPCはリアルなCtS世界の住人であって欲しいなぁ、という個人的な思いがありまして、名前を付けた人物には設定を付けています。
当然そういう風に作ったキャラですので、軽く扱いたくない、と思うのです。例えば、OPで悲壮感とか緊迫感を出すためだけに、「俺は置いて先に行け!」とか抜かしてやられるような。
そんな甘っちょろい使い方はしたくないと思っているのです。
でも、リアルなCtS世界の住人であって欲しいので、やられる時はそれこそ軽く、見せ場も無くあっさりやられるくらいで居て欲しかったりします。相反していますけれども。

そんな訳なので、名前付きNPCは今後また再登場するかも知れません。んで、実にあっさり退場したりするかも知れません。
posted by a1zawa at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | CTS:雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。